本当に必要なの?特約について

特約でしかカバーできない損害もある

特約があれば、通常の火災での損害以外の部分までカバーしてもらうことができるようになります。実は、通常の火災保険は限定された場合にしか適用がされないものなのですね。特約に入っていれば、その他の分まできちんとカバーしてもらえるようになります。
人気が高い特約としては、地震特約が挙げられるでしょうか。地震が原因の大規模火災に巻き込まれても、この特約があれば保険金を受け取ることができます。もちろんコストは高くなりますが、安心安全のためには入っておきたいものですよね。
日本は地震大国であって、世界で発生する地震のほとんどが集中をしているという観測データもあります。念には念を入れて入っておくのがベストでしょう。

人によって必要な特約は変わる

他人に家を貸して家賃収入を得ているという人であれば、家賃収入特約を付けておけば、火災によって得られなくなった家賃収入まで保険金でカバーしてもらえます。工場に火災保険を付ける場合には、商品・製品等損害特約に入っておけば、内部の商品にダメージが出た場合にも大きな損害を被ることはなくなります。さらに、また被害が起きないようにコストをかけるときにも、事故再発防止等費用特約があればその費用をカバーしてもらえます。
このように人によって、どの特約を付けるべきなのかは変わってきます。特約というのはつまり、各個人向けに火災保険をカスタマイズできる便利な制度だといえるでしょう。普通の火災保険でも、特約の選び方次第ではさらにパワーアップして、さらなる安心感を生み出してくれるツールとなるわけです。