火災保険では地震の時、対応できるの?

地震時の火災は補償の対象外となるのが普通

家を購入したときや、賃貸したときには、火災保険に加入をするのが一般的ですね。賃貸契約の中には、この保険に加入をすることを義務付けているケースが多いです。火事があったときには損害をカバーしてもらえるわけですが、どういった原因で火災が起きたのかは調べられることとなります。
契約書にもあるように、基本的には火災保険は地震が原因の場合には適用されないこととなっています。地震時には広範囲で火災が発生するので、それを補償していては保険会社の経営が成り立たなくなってしまうからです。地震時の火災には補償を適用しませんというのが、現在の日本の火災保険では常識になりつつありますし、その点はきっちり理解しておく必要がありますね。

地震保険に加入をするのがベスト

地震時の火災までカバーしてもらおうと考えているなら、火災保険に加入をした後に地震特約を付けるのが一般的です。地震保険というのはそれ単体では存在していません。火災保険の付帯保険としてしか存在していないので、まずは火災保険には入っておく必要があります。そして、個人の判断によって地震時の損害もカバーしてもらいたいなら、地震保険に加入をします。
日本では、地震保険に加入をする人の割合が、他国に比べて圧倒的に高いという特徴があります。つまり、地震特約を付けても、案外値段は上がりません。大勢の人が利用をしているからこそ、一人一人の負担は軽くなるという理屈です。ですから、日本に住んでいるなら地震特約は付けておくのがいいでしょう。