家を建てた方にわかりやすい火災保険の選び方

まずは補償範囲を確認しておけば安心!

家を建てたら、まず検討したいのが火災保険の加入ですよね。万が一火災にあってしまった時、大事な家を守るためには必要な物です。
でも初めてだと、どこを見て選べば良いか分からないという事も多いんじゃないでしょうか。そんな時にまず見て欲しいのが、補償範囲がどうなっているかという事なんです。火災保険はプランによって補償してもらえる範囲が決まっていて、これを把握しておかないといざという時に補償が受けられなくなってしまいます。大きく分けると、建物と家財に範囲が分かれています。建物だけに入っていると、家電や家具が被害に合った場合、それの補償はしてもらえなくなります。もし建物だけでなく、家財もしっかりと守りたいなら、家財が範囲に入っているプランを選ぶようにしましょう。

余計な特約を外せば保険料も節約できる!

大事な家を守る保険ですから、なるべく手厚いプランに入りたいと思う人も多いんじゃないでしょうか。ただどんどん補償を厚くすると、その分保険料も上がってしまいます。保険料を節約するためには、自分に必要ない特約を外すという事が大切です。
火災保険といっても、火災以外の補償もついている事って多いんです。良く見てみると、水災や盗難の補償がついていたりしないでしょうか。もし自分の家が海や川から離れている場合、水災に合う事って殆ど無いですよね。それなのに水災の補償までつけていたら勿体無いですよ。良く補償内容に目を通さず、言われたままのプランで契約してしまうと、無駄な補償がついている事が多いので、最初にしっかりと確認しておきましょう。